【2023年最新】デビス・カップ(ファイナル・ノックアウトステージ)のドロー表・放送日程

2023-12-14更新
1,059
監修
ゴンちゃん
テニスベア・アンバサダー
慶應義塾大学ではレギュラー2番手として、全日本学生テニス選手権大会や全日本大学対抗テニス王座決定試合で活躍。卒業後はYouTuberとして活躍し一躍有名に。2020年12月よりテニスベア・アンバサダーとしてテニスベアに参画。

ATPの大会であるデビス・カップ(ファイナル・ノックアウトステージ)のドロー表、開催日程(大会スケジュール)と放送予定、開催地/会場、開催時期、サーフェス、獲得ポイント/賞金、歴代優勝者、そして名場面をご紹介します。

デビス・カップ(ファイナル・ノックアウトステージ)2023のドロー表

デビス・カップ(ファイナル・ノックアウトステージ)2023の開催日程(大会スケジュール)と放送予定

11月に行なわれるファイナル・ノックアウトステージの日程と放送予定は以下の通りです。

ATP 日本時間 放送予定(TV) 放送予定(オンデマンド)

準々決勝(カナダ vs フィンランド)

11月21日(火)24:00~ --- ---
準々決勝(チェコ vs オーストラリア) 11月22日(水)24:00~ --- ---
準々決勝(イタリア vs オランダ) 11月23日(木)18:00~ --- ---
準々決勝(セルビア vs イギリス) 11月23日(木)24:00~ --- ---
準決勝 11月24日(金)24:00~ --- ---
準決勝 11月25日(土)20:00~ --- ---
決勝 11月26日(土)24:00~ --- ---

デビス・カップ(ファイナル・ノックアウトステージ)とは

デビス・カップは、1900年から開催されている男子国別対抗戦です。いわば男子プロテニスのワールドカップであり、日本では「デ杯」という名称でも親しまれています。2019年からは、予選およびファイナルのスポンサーを楽天が務めていることに基づき、現在の大会正式名称は「Davis Cup by Rakuten」となっています。

ファイナル・ノックアウトステージは、2月の予選および9月のファイナル・グループステージを勝ち上がった8ヶ国が出場できるトーナメントであり、これで優勝国が決まる、デビス・カップ締めくくりの大会です。出場国数にちなんで「ファイナル8」とも呼ばれます。

開催地 マラガ(スペイン)(2023年)
会場 マルティン・カルペナ(2023年)
開催時期 11月下旬
サーフェス 指定なし(インドア)
獲得ポイント なし
獲得賞金 総額1500万ドル(2023年)
ドロー数 8チーム
メインスポンサー 楽天
公式サイト https://www.daviscup.com/

デビス・カップ(ファイナル・ノックアウトステージ)の開催地/会場

デビス・カップ(ファイナル・ノックアウトステージ)の開催地および会場は、毎年異なります。

2023年のデビス・カップ(ファイナル・ノックアウトステージ)は、スペインのマラガにあるマルティン・カルペナいう屋内アリーナで行われます。

(公式サイトより)

ファイナル・ノックアウトステージの過去10年の開催地と会場をご紹介します。

  • 2022年-マルティン・カルペナ(スペイン)
  • 2021年-マドリード・インスブルック(オーストリア)・トリノ(イタリア)※コロナのため3都市共同開催
  • 2020年-開催なし
  • 2019年-ラ・カハ・マヒカ(スペイン)
  • 2018年-スタッド・ピエール=モーロワ(フランス)
  • 2017年-スタッド・ピエール=モーロワ(フランス)
  • 2016年-アリーナ・ザグレブ(クロアチア)
  • 2015年-フランダース・エキスポ(ベルギー)
  • 2014年-スタッド・ピエール=モーロワ(フランス)
  • 2013年-ベオグラード・アリーナ(クロアチア)

デビス・カップ(ファイナル・ノックアウトステージ)の開催時期

デビス・カップ(ファイナル・ノックアウトステージ)は例年、11月下旬に開催されます。

デビス・カップ(ファイナル・ノックアウトステージ)のサーフェス

デビス・カップ(ファイナル・ノックアウトステージ)のサーフェスは指定されておらず、開催年によってハードやクレーなど異なります。ただし、会場がインドアであることは指定されています。

デビス・カップ(ファイナル・ノックアウトステージ)の獲得ポイント/獲得賞金

デビス・カップ(ファイナル・ノックアウトステージ)で、優勝者・準優勝者が獲得できるポイントと賞金をご紹介します。

現在、デビス・カップ(ファイナル・ノックアウトステージ)はATPポイントの付与がありません。一方賞金総額は、2023年では1500万ドルが協議されています。

デビス・カップ(ファイナル・ノックアウトステージ)の歴代優勝国

デビス・カップ(ファイナル・ノックアウトステージ)の、過去10年の優勝国をご紹介します。

  • 2022年-カナダ
  • 2021年-ロシア
  • 2020年-開催なし
  • 2019年-スペイン
  • 2018年-クロアチア
  • 2017年-フランス
  • 2016年-アルゼンチン
  • 2015年-イギリス
  • 2014年-スイス
  • 2013年-チェコ

デビス・カップ(ファイナル・ノックアウトステージ)の名場面

デビス・カップ(ファイナル・ノックアウトステージ)の名場面として、2022年の決勝戦ハイライトをご紹介します。決勝進出したのは、カナダとオーストラリア。

ファイナル・ノックアウトステージはシングルス2本とダブルス1本の3本勝負であり、先に2勝したチームが優勝となりますが、カナダは1本目のシングルスを勝利したため、優勝に王手をかけた一戦でした。

そんなカナダを代表して期待を背負いコートに立ったのは、フェリックス・オジェ=アリアシム。序盤から素晴らしいパフォーマンスを見せ、何本もエースを決めます。通常のツアートーナメントより1ポイントの盛り上がりはすさまじく、ポイントを決めるたび、チームメイトとベンチコーチまでも思わず立ち上がって前のめりでガッツポーズを交わし、会場は歓声と楽器の音に包まれるなど、団体戦らしい活気と熱気、エネルギーを大いに感じられます。そんなにぎやかさがありながら、ポイント中は緊迫感が入り混じり、会場は独特な雰囲気に満ち溢れています。

フェリックスは無事勝利を収め、カナダは初優勝の喜びに浸りました。

テニスベアアプリなら空きコートや練習会が楽々探せる!
アプリなら空きコート情報検索だけでなく、コート予約や大会や練習イベントに簡単に参加できます!いますぐアプリをダウンロードしよう!
カテゴリー
人気の記事
新着記事