テニスコートの大きさとラインの名称・役割

2021-01-18 更新
2020-08-26 作成
55,459
監修
ゴンちゃん
テニスベア・アンバサダー
慶應義塾大学ではレギュラー2番手として、全日本学生テニス選手権大会や全日本大学対抗テニス王座決定試合で活躍。卒業後はYouTuberとして活躍し一躍有名に。2020年12月よりテニスベア・アンバサダーとしてテニスベアに参画。

長方形のコート内を縦横無尽に走り回るプロ選手たち。テレビで見ているとついつい当たり前のように思えてしまえますが、実際にテニスコートに立ってみるとその大きさがよくわかります。

また、テニスコートには様々なラインが引かれています。それぞれが役割を果たし、大きな広場をテニスコートとして形成しているのです。

ここでは、テニスコートの大きさや、各ラインの名称を紹介します。

テニスコートの大きさ

テニスコート の大きさ

テニスコート1面の大きさは、小学校にある25mプールより少し小さいくらいとイメージするといいようです。数字にすると、シングルスコートは少し狭く8.23m × 23.77m。ダブルスは10.97m × 23.77mです。

ラインの太さは数センチありますが、ラインの外側まで範囲の一部として見なされます。つまり、ボールが少しでもラインにかかっていれば「イン」とジャッジされます。

ネットの高さは1ヤード(=3フィート、0.914メートル)なのですが、実はコートの大きさはネットの高さを基準にしています。

ネットの高さ:ネットからサービスラインまでの長さが1:7、ネットの高さ:シングルスコートの幅が1:9、ネットの高さ:ダブルスコートの幅が1:12、ネットの高さ:ネットからエンドラインまでの長さが1:13...というように決められています。

面積で表すと、シングルスコートは約195.63㎡、ダブルスコートは約260.76㎡です。と言ってもわかりにくいでしょうから、日本人になじみのある坪数に直してみると、シングルスコートは約59坪、ダブルスコートは約79坪になります。

改めてプレーすることを考えてみると、スピンのかかったボールはコート内に弾んだ後、さらにコート外へ伸びていきます。特にプロが使うコートは、コート範囲外も十分にスペースが取られています。ベースラインから後ろは8m以上、サイドラインから横は5m以上のスペースを空けることが望ましいとされています。

各ラインやマークの名称と役割

テニスコートの各ラインのやマークの名称と役割

テニスをプレーしたり観たりする上で、テニスコートを形成しているラインは最低限知っておきたい知識です。ここではラインやマークの名称を順番に見ていきます。

なお、テニスコートのラインは、すべて同じ色で、かつコートサーフェスと区別できる色にしなければなりません。多くは白色が使われています。

ベースライン

基本となるラインが、コートの後ろにあって横向きに引かれたベースラインです。シングルスもダブルスも同じです。

このベースラインの外にバウンドしたボールはアウトになるので、これよりも内側に入れる必要があります。また、サーブを打つときはベースラインを踏んだりまたいだりしてはいけません。

ラインそのものの太さも決められており、ベースラインは2.5cm~10cmです。

サービスライン

コート半面分の真ん中より少し後ろ、ベースラインと平行に引かれているのがサービスラインです。こちらもシングルス、ダブル両方で使います。

このシングルスラインと、後述するセンターライン、シングルスラインで囲まれた範囲をサービスボックスと呼び、サーブはこの範囲に入れる必要があります。

ラインの太さは2.5cm~5cmです。

センターライン

ネットをまたぐように縦に引かれている真ん中のラインがセンターラインです。読んで字のごとく、ラインの中では一番覚えやすいのではないでしょうか?

サーブのイン/アウトの判断に使われます。センターラインの太さは5cmです。

センターマーク

センターラインの延長線上、ベースラインの真ん中にある短いラインをセンターマークと言います。

ベースラインに直角に引かれていて、サーブは基本的にコートを縦に半分に割った一方から打ちますが、このセンターマークによってアドバンテージサイドとデュースサイドに分けられます。

太さは5cm、長さは10cmです。

シングルスライン

コートを縦に見た時に、サービスラインと平行に左右外側のラインが2本あります。そのうち内側のラインがシングルスラインです。その名の通りシングルスのときに使います。

シングルスのときは、このラインの外側に落ちるとアウトになります。

ラインの太さは2.5cm~5cmです。

ダブルスライン

シングルスラインと平行に、外側に引かれているラインがダブルスラインです。こちらはダブルスのときに使います。

ダブルスでは、シングルスラインの外側でも、ダブルスラインの内側(アレーコートと呼びます)であれば、ボールはインになります。つまり、シングルスのときよりもコートの範囲が若干横に広くなっています。

ラインの太さは2.5cm~5cmです。

テニスベアアプリなら空きコートや練習会が楽々探せる!
アプリなら空きコート情報検索だけでなく、コート予約や大会や練習イベントに簡単に参加できます!いますぐアプリをダウンロードしよう!
カテゴリー
人気の記事
新着記事
おすすめの記事