テニスのアングルショットを打つポイントとは?全日本女子ダブルス覇者が解説

2023-01-16更新
469
監修
井上雅プロ
テニスラウンジ所属
1991年生まれ。得意なショットは、フォアのアタックショット。8歳からテニスを始め、2010年にプロ転向。2021年9月に引退を発表。翌月の全日本テニス選手権で女子ダブルス優勝を果たし、有終の美を飾った。

テニスのアングルショット(ショートクロスと言われることもあります)とは、角度を付けた短めのショットのことです。シングルス・ダブルスどちらにおいても役立つショットであり、角度をつけることで相手をコート外に追い出したり、相手の嫌がる足元を狙えたりと、様々な場面で使うことができます。

今回は、全日本女子ダブル覇者の井上雅プロより、アングルショットを打つポイントを3つご紹介します。

監修
井上雅プロ
テニスラウンジ所属
1991年生まれ。得意なショットは、フォアのアタックショット。8歳からテニスを始め、2010年にプロ転向。2021年9月に引退を発表。翌月の全日本テニス選手権で女子ダブルス優勝を果たし、有終の美を飾った。

理想のアングルショットとは

理想のアングルショットとは、ラリー中に織り交ぜて相手を前後左右に動かせるようなボールです。どこを狙ってどのようなボールを打てば良いのか、まずは井上プロのデモンストレーションの様子をまとめてみました。

サービスボックスに入れる

おおまかに言うと、アングルショットはサービスボックスにボールを収めるイメージです。

  • コースはクロスに打つ
  • スピードは少し落とす
  • ネットの少し上を通す
  • サイドはシングルスラインにかかるくらいを狙う
  • 長さはサービスライン手前くらいを狙う

以上が理想のアングルショットのイメージですが、それを打つために必要なポイントをご紹介します。早速見ていきましょう!

アングルショットを打つポイント①:コートの真ん中から打たない

1つ目のポイントは、「コートの真ん中から打たない」ことです。

左右に振られたときがチャンス

テニスコートの真ん中というのは、実は角度をつけづらいポジションです。中央でラリーが続いていたら自分のところにボールが来るので、ただ返すだけなら簡単にできるかもしれませんが、アングルショットのように角度をつけるとなると、真ん中からでは難しいことに気づくと思います。

そこで相手のボールが左右に散らばったときが、アングルショットを打つチャンスです。左右に振られたことを逆に利用して、角度をつけて相手をコート外へ追い出しましょう。

アングルショットを打つポイント②:踏み込めるときに打つ

2つ目のポイントは、「踏み込めるときに打つ」ことです。

体勢が良いときに打つ

アングルショットは自分から攻めていくボールなので、なるべく自分の体勢が良いときに打つことを意識しましょう。体勢が良いとは、ここでは踏み込めんだ状態で打てることを意味しています。しっかり踏み込んだ状態で下からスピンをかけられれば、チャレンジングなショットと思われがちなアングルショットも、さほどリスクは高くありません。

一方で体勢が悪いときはアングルショットは使わず、守備的なボールを打つのが基本です。

アングルショットはしっかりと身体を回してクロスに打つことが必要となりますが、ボールに追いついていない状態で無理に打とうとするとボールをうまく引っ張れずに、結果的に角度がつかず逆に相手のチャンスボールになってしまうことがあるからです。

アングルショットは、自分の体勢が良く踏み込んで打てるときに使うようにしましょう。

アングルショットを打つポイント③:コースを隠す

3つ目のポイントは、「コースを隠す」ことです。

ストレートにも打てるように打点に入る

なぜコースを隠すことが大切なのかというと、コースが読めなければ相手は予測して動くことができず、アングルショットがより効果的になるからです。そこで、ストレートにも打てるようなボールの入り方をして、コースを隠しましょう。もちろんコースを隠すだけでなく、実際にストレートも混ぜることも非常に効果的です。

ちなみに井上プロがストレートに打つときは、アングルショットほどスピードを落とさず、打ち込むようなボールを打っていました。ストレートはクロスに比べてネットの高さが高いので、その点に注意しましょう。

このようにコースを隠す他にも、同じチャンスボールでも強いボールや深いアプローチなどで攻めたり状況に応じてたまにアングルショットを使ったり、とバリエーション広く戦うと、より相手を翻弄することができるため効果的です。

 

以上、アングルショットを打つポイントとして、

  1. 真ん中から打たない
  2. 踏み込めるときに打つ
  3. コースを隠す

の3つをご紹介しました。

アングルショットは難易度が高いショットではありますが、狙いたいところにボールをコントロールできる技術というのは非常に役に立ちます。オープンコートを器用に狙うことができれば、さらなるレベルアップも期待できます。ぜひ練習してアングルショットを習得してみてください!

 

テニスベアアプリなら空きコートや練習会が楽々探せる!
アプリなら空きコート情報検索だけでなく、コート予約や大会や練習イベントに簡単に参加できます!いますぐアプリをダウンロードしよう!
カテゴリー
人気の記事
新着記事