テニスのセカンドサーブのコツを3点!現役コーチが基本から徹底伝授

2022-02-06更新
2021-11-23作成
5,403

今回はテニスのセカンドサーブのコツについて、現役の凄腕コーチのお二人に教えてもらいました。

セカンドサーブの精度は、試合の勝敗を大きく左右するといっても過言ではありません。ダブルフォルトをしないことももちろん大切ですが、入れるだけのセカンドサーブではレベルが上がるに連れて通用しなくなってきます。

レベルの高い相手ならば弱いセカンドサーブだと、強烈なリターンでいきなり劣勢に追い込まれてしまい、ラリー勝負に持ち込むことも困難です。

ぜひ今回お伝えするコツを押さえて、サービスゲームでポイントの主導権を安定して握れるようなセカンドサーブを身につけましょう。

監修
土居諒太コーチ
日本テニス協会公認コーチ
亜細亜大学卒。インターハイシングルスベスト16 、インカレダブルスベスト4。Tecnifibre契約。志津テニスクラブ・東洋学園大学男子テニス部でコーチを担当。世界で活躍する土居美咲選手の兄としても有名。言語化が難しいことも分かりやすく説明できる指導実績豊富な実力派テニスコーチ。

監修
長谷川梨紗コーチ
元プロテニスプレーヤー
亜細亜大学卒の元プロテニスプレーヤー。三重国際女子オープンダブルス優勝、ニューデリー国際オープンで同じくダブルス優勝などの実績を持つ。

セカンドサーブのグリップの握り方

まずはセカンドサーブを打つ時のグリップの握り方についてです。一般的にサーブを打つときはコンチネンタルグリップ、薄く握ることを推奨されることが多いかと思います。

基本はコンチネンタルグリップで打つ

実際のところ、理想のサーブを打ちたいのであれば基本的にコンチネンタルグリップが望ましいと言えます。ただ、一言でコンチネンタルグリップといっても人によって微妙に握り方や感覚が違う場合もあります。

そこで今回は、セカンドサーブを打つ時のグリップをかなり細かいところまで徹底解説してもらいました。テニスラケットのグリップは八角形なので、一番上を基準に一つ一つの辺に番号を振っていきます。

そして、人差し指の根本にある第三関節を2番目の辺に当てた握り方がコンチネンタルグリップです。

自分にとってサーブを打ちやすいグリップを見つけることが一番ですが、しっかり回転のかかった質の良いセカンドサーブを打つのであれば、基本はコンチネンタルグリップで打つようにしてみてはいかがでしょうか。

握り方を変えるだけでサーブは大きく変わる

一般的なテニススクールはサーブを打つときにコンチネンタルグリップで教えることが多いですが、打ちやすさを求めて厚い握りに変えたり、逆にもっと薄い握りに変える方もいらっしゃるかもしれません。

握りが厚すぎると回転をかけることが難しくなり、薄すぎると回転がかかり過ぎて威力のあるボールが打てないので、基本的にはコンチネンタルグリップで打つ方がベターと言えます。

セカンドサーブは回転重視で打つ

セカンドサーブでは回転をかけることが必要不可欠です。サービスボックスがネットの向こうにある以上、フラットサーブで入れるには身長が必要ですし、成功確率に関しても不安要素が多いと思います。

セカンドサーブをフラットサーブで入れようとすると、スピードも出ずバウンド後の変化も無いので簡単にリターンされてしまいます。

セカンドサーブの軌道は山なりのイメージ

力でボールの威力をコントロールするのではなく、回転をかけてコートに入れていくセカンドサーブを身につけましょう。スピンでもスライスでも、ボールが山なりの軌道でサービスボックスの中に落ちる形をイメージしてみてください。

そしてサーブを打つときはコンチネンタルグリップで握ることによって手首も使いやすくなり、イースタングリップよりも回転がかけやすくなってくるでしょう。

セカンドサーブを打つ時の足の使い方

3つ目はセカンドサーブを打つ時の足の使い方についてです。サーブを打つときは足を起点に、全身を使ってボールにパワーを伝えるように意識してみましょう。

股関節も意識して、全身を使ってセカンドサーブを打つ

下半身でパワーを作り、全身を使ってセカンドサーブを打つには股関節が大切です。膝を曲げるというよりも軽く座るようなイメージで下半身を沈めるようにしてみてください。

膝だけ曲げると全ての負荷が集中してしまい膝を痛めてしまう原因にもなるので注意が必要です。

下から上に振るイメージ

回転をかけるには、ラケットをボールに対して後ろから前ではなく下から上に振り出すイメージで打ちましょう。コンチネンタルグリップでも思うように回転がかからない場合は当て方がフラットになっているかもしれません。

足をしっかり使う意識も持ちつつ、セカンドサーブを打つときはより「ボールの下からラケットを振り出す」ように意識してみてはいかがでしょうか。

まとめ

今回教えてもらったセカンドサーブのコツをおさらいしましょう。

・グリップの握り方(基本はコンチネンタルグリップ)
・回転をかけて打つ
・足を起点に全身を使って打つ

握り方を変えると、はじめは違和感を感じると思いますが攻撃力と安定感を兼ね備えたセカンドサーブを打つにはコンチネンタルグリップがベストです。感覚が馴染むまで練習し、1ランク上のセカンドサーブ習得を目指してみてはいかがでしょうか。

テニスベアアプリなら空きコートや練習会が楽々探せる!
アプリなら空きコート情報検索だけでなく、コート予約や大会や練習イベントに簡単に参加できます!いますぐアプリをダウンロードしよう!
カテゴリー
人気の記事
新着記事
おすすめの記事