テニスのドライブボレーを打つ3つのコツとは?全日本女子ダブルス覇者が解説

2023-01-16更新
515
監修
井上雅プロ
テニスラウンジ所属
1991年生まれ。得意なショットは、フォアのアタックショット。8歳からテニスを始め、2010年にプロ転向。2021年9月に引退を発表。翌月の全日本テニス選手権で女子ダブルス優勝を果たし、有終の美を飾った。

テニスのドライブボレーとは、ゆるい山なりのボールに対して、ノーバウンドでドライブ回転をかけて打ち込むショットです。いわばボレーとストロークが組み合わさったようなショットであり、ボレーよりスピードがあり、ストロークより相手の時間を奪えるので、攻撃的なショットと言うことができます。

ドライブボレーは、ボレーやストロークよりもタイミングの取り方やボールへの入り方がとても難しいショットです。しかし、特に女性はレベルが高くなるにつれて試合の中で積極的に攻撃するために使うケースも増えてくるため、重要なショットのひとつです。

今回は、全日本女子ダブルス優勝経験を持つ井上雅プロより、ドライブボレーを打つコツを教えていただきましたので、早速見ていきましょう!

監修
井上雅プロ
テニスラウンジ所属
1991年生まれ。得意なショットは、フォアのアタックショット。8歳からテニスを始め、2010年にプロ転向。2021年9月に引退を発表。翌月の全日本テニス選手権で女子ダブルス優勝を果たし、有終の美を飾った。

ドライブボレーを打つコツ①:高めにテイクバックする

まず1つ目のコツは、「高めにテイクバックする」ことです。

ラケットを高めにセットしておく

ドライブボレーに限らずですが、相手が打ってきたボールの高さや自分が打つ打点によって、テイクバックの高さを変えることは必要です。

ドライブボレーは山なりのボールが飛んできたとき主に使えるショットなので、高い打点で打つことになります。したがって、テイクバックは高めにセットしておくことが大切です。

ドライブボレーを打つコツ②:1本で決めようとしない

2つ目のコツは、「1本で決めようとしない」ことです。

ビッグターゲットを狙う

ドライブボレーはポイントを決めるチャンスではありますが、1本で決めようとするとプレッシャーがかかり、どうしてもミスが出てしまいがちです。そこでビッグターゲットを狙うことが大切になってきます。

ビッグターゲットとは、狙うターゲットを大きくすることを意味しており、狙いすぎによるミスをなくすための意識です。このビッグターゲットを狙ってドライブボレーを打てば、コースが多少ずれたとしてもコート内に収めることができるはずです。

1発で決めなくてもドライブボレーは威力があるので、相手から甘い球が返ってくる可能性は高く、そのチャンスボールをボレーやスマッシュなどで確実に決めましょう。とにかく自分からミスをしないことが大切です。

ドライブボレーを打つコツ③:力が入る打点に入る

3つ目のコツは、「力が入る打点に入る」ことです。

肩の高さで打つ

ドライブボレーは山なりのボールを打つので打点はある程度高くなりますが、高すぎる打点で打っても力は入りづらいです。特にバックハンドでドライブボレーを打つ時、打点が高すぎると力が入りません。

力が入る打点というのは個人差がありますが、井上プロは肩の高さぐらいで打つようにしているそうです。自分にとって力が入る打点はどこなのか探りながら、その打点に入ることを意識しましょう。

また、力の入る打点に入るには足をしっかり動かすことが重要です。ボールの軌道を予測して素早く打点に入れるよう、細かく足を動かしましょう。

ドライブボレーを習得して1つ上のレベルへ

以上、ドライブボレーを打つコツとして、

  1. 高めにテイクバックする
  2. 1本で決めようとしない
  3. 力が入る打点に入る

をご紹介しました。

ドライブボレーの難易度は高めなので、普段はあまりドライブボレーを使わないという人も多いかもしれません。しかし、テニスにおいて色んなショットが打てることは強く、できることを増やすことは戦い方の幅を広げたり対応力を高めることにつながります

ぜひ練習を重ねて、ドライブボレーという武器を増やしてみてください!

テニスベアアプリなら空きコートや練習会が楽々探せる!
アプリなら空きコート情報検索だけでなく、コート予約や大会や練習イベントに簡単に参加できます!いますぐアプリをダウンロードしよう!
カテゴリー
人気の記事
新着記事